青参道アートフェア

青参道アートフェアに参加しました。キッズブランド「DENIM DUNGAREE」「Go to Hollywood」「FITH」を取扱うTRICO FIELD TOKYOの協力のもと、巨大な紙のプールを制作。ワークショップも実施しました。

■コンセプト:「PAPER PUMPKIN PATCH POOL」

サンフランシスコで経験した「PAMPKIN PATCH」。日本ではあまり聞き慣れないかもしれないが、ハロウィンの時期になるとアメリカのあちらこちらで現れるお祭りみたいなもの。大自然の中で育った大きなカボチャたちが無数に並ぶ光景。藁でできた迷路やパンプキンバルーンの滑り台。特に、とうもろこしの豆でできたプールは子供だけでなく、大人までが熱中して遊んでしまうほどだった。ハロウィンシーズンの展示の話をもらった際、 真っ先に浮かんだのがこのアメリカでの体験だった。

近年、私は紙を素材にした作品を制作している。紙をやぶる、丸める、投げる、描く、はみ出る、泳ぐ、そして、笑う。こんな人間らしいことがあたりまえにできなくなりつつある現代の子どもたち。大人は子どもにあれダメ、これダメと制限ばかり。この「PAPER PAMPKIN PATCH POOL」という作品を通じて、解放された子どもたちの笑顔が見れること、そして、子どもが子どもらしく生きられる社会を願っている。